キャッシング 専業主婦

専業主婦のキャッシング利用について

カードローン 審査

専業主婦がキャッシングを利用する場合、通常の消費者金融での契約申込をすると審査に通るのが難しいのが現状です。基本的にお金を借りることの出来る人というのは、安定した収入がある人であり、主婦であってもパートやアルバイトなどで務めていることで収入状況が確認出来る人であればの利用についても問題ありません。
しかし専業主婦であれば、収入がないことになるのでそのままでは金融会社側も貸付を行いません。しかし専業主婦がキャッシングをはじめとした借入の利用がまったく出来ないわけではありません。専業主婦が借入の利用をする場合は、配偶者貸付を利用することになります。
配偶者貸付とは、申込者本人に収入がなくても配偶者に安定した収入があることが審査で確認されれば、借入の利用が出来る申込方法です。消費者金融が提供する配偶者貸付は夫婦の年収を合計した金額の3分の1までの金額での借入が利用出来ます。つまり夫婦のどちらかが収入がなくてもお金を借りることが出来るのです。
年収の3分の1までの金額で借入が利用出来るというのは、消費者金融などの金融業者の貸付は総量規制のきまりにより、利用者の年収の3分の1までの金額まで貸付が出来るようになっています。銀行でのキャッシングの場合は金融業者に該当しない金融機関のため、年収の3分の1以上の金額の借入を利用出来ます。銀行での借入は配偶者に安定した収入があることが前提条件として、専業主婦の方が利用出来る借入を提供しています。